不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

不動産はできるだけ早めに売却をした方が良いのか?それとも寝かせることも必要なのか? - 寝かせる方法としての手段

寝かせる方法としての手段

もしかしたら価値が高まるかもしれないのも不動産です。必ずしもその選択が正しいわけではありませんが、売却をしないで適正価格で売ることもできます。地価が上がれば不動産の価値も上がることから、それを利用した収益方法です。ただ単純に寝かせているだけではもったいありません。活用をすることを考えてください。

賃貸で貸し出す

建物があり、そこに住居空間があるのであれば、賃貸で貸し出すのもひとつの方法です。賃貸経営をすることで、安定した収益を見込むことができます。売却はしないけれど、寝かせながら最適価格になるのを待つ手法になります。ただ住んでいる人がいることになりますので、突然売却するとなっても問題が発生します。
地価公示が発表される前に契約期間が終わるなど対策も求めなければなりませんので、やはり不動産や宅建業に詳しい人のアドバイスを求めながら運営することが必要です。寝かせながら収益を得る方法として有効的な手段になるでしょう。

必ずしも寝かせるのが正しいわけではない

不動産は生き物であり、現時点の価値が一番高かったということもあります。都市計画に伴い地価が跳ね上がるようなこともありますが、その計画が破綻してしまえば、寝かせていることの意味がなくなります。必ずしも不動産に絶対はありませんので、判断することが大切です。見込みが外れると、結果大損をすることもあるのが、寝かせる意味になります。

寝かせながら収益を

価値が高くなる確たる材料があるのであれば、寝かせる行為は正攻法になります。しかしただ寝かせているだけでは賢い手法になりませんので、賃貸などで貸し出すようにしましょう。くれぐれも土地だけの遊休地にするのはもったいないです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »