不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

不動産はできるだけ早めに売却をした方が良いのか?それとも寝かせることも必要なのか? - 遊休地は寝かせないで活用を

遊休地は寝かせないで活用を

なにも活用していない土地である遊休地は、はやくお金にした方が良いことがあります。いずれ地価が上がり、その時まで待つ方法もありますが、あまり賢くない手段です。遊休地を持っているなら寝かせるより、売却を含めた活用を行ってください。

税金対策にもなる

土地そのものを持っており、そこに建物があれば相続税から固定資産税に対して減税措置が行われますので、土地だけ持っているよりも節税対策になります。ただし建物を建てて活用するにしても、資産がなければできません。しかし賃貸経営は安定収入を得られるチャンスになります。そこで地価が上がるのかを待つ方法もひとつの戦略になるでしょう。遊休地になっていることが賢い活用方法でないのは確かです。

確たる根拠がない夢は追わない

その土地の価値があがるまで待ち続けて、そのタイミングで売りたい夢を追うのは構いませんが、いつその時期が来るのかまでは誰にもわかりません。そのようなわからない夢を追うよりも遊休地を活用した方がお金になります。
土地そのものを売るのも方法であり、建物を建てて賃貸経営を行い、収入を得るのも戦略です。土地そのものの価値が上がるのを追い続けたいのであれば、建物を建てて経営と税金対策を行いながら、その時を待つのも良いでしょう。総合的に見て複合的なアドバイスを貰える不動産会社を探すことも大切ですが、売主が土地に対して明確なビジョンを持つことも必要です。

遊休地はお金にしよう

そのようなビジョンがなければ、すぐにでも売ったほうが良いのが遊休地です。ただそれだけではもったいありませんので、土地の売却を含めた有効活用を不動産会社に相談することで、ひとつの方向性を見ることができます。一度相談してみましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む