不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

不動産はできるだけ早めに売却をした方が良いのか?それとも寝かせることも必要なのか? - アドバイスも不動産会社に求めよう

アドバイスも不動産会社に求めよう

不動産売却と言っても、単純に売るだけではなく、たくさんの種類があります。売主にとってみれば、できる限り価格を上げてほしい希望があるはずですので、そのようなことも売却に仲介する不動産会社に求めたいところです。そのためにアドバイスをしてくれる会社を選びましょう。

求めるべきアドバイス

ただ単に売れば良いだけではありません。どんな人が求めているのかによって、売却予定の物件も変化させなければ、高い値段で買取ってもらえないでしょう。たとえば比較的居住年数が経過している物件であれば、ある程度リフォームしていた方が買い手も付きやすいです。その資金が問題になりますが、売却価格と照らし合わせて回収することができ、なおかつ収益が上がれば大成功になります。
税金の特別控除や、次の住まいに対しても専門家に頼ることができます。売却だけではなく、値を上げる方法や次の住まいから税金などもアドバイスしてもらえる不動産会社を選ぶようにしましょう。

戦略なき売却はない

担当者が必ず付くことになりますが、売却というのはそれほど甘い世界ではありません。不動産ネットワークに登録し、広告を出すだけでは、売主の満足度は得られません。どうすれば高く売られるのかが問題になります。「どんな人が買取ってくれるのか?」これに基づく戦略を持っている担当者がいる不動産会社を仲介役に指名しましょう。どこでも良いような考えであれば、失敗する可能性も高くなります。

不動産会社が満足を提供する

不動産売却は、仲介をする会社次第でどうにも動きます。その判断を間違えないようにするのが売主のするべきことです。値段を上げることにできることは少ないですが、せめて仲介役の指定だけは間違えないようにしてください。

関連する記事

次の記事: を読む »