不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

不動産はできるだけ早めに売却をした方が良いのか?それとも寝かせることも必要なのか? - 減税のための寝かせる方法

減税のための寝かせる方法

不動産売却には税金が掛かりますが、これは詳しく知っておかないと大損をすることもあります。不動産会社が仲介することになり、宅建業の資格を持つ担当者が説明してくれますが、念のために売却を検討する売主も理解しておくべきことです。売却するタイミングを間違えてしまうと、とんでもないことになってしまいます。

1年の差で大損になることも

5年以下であれば30%、5年以上であれば15%の税率が掛かるのが不動産売却です。たった1年の差で15%も損をしてしまうことになります。税務上の都合から、売却する年の1月1日時点で換算されることから、このような知識もなければ不動産売却が失敗してしまうこともあります。税金を積極的に収めたい人は少ないでしょうから、このような減税措置についても理解しておくことが大切です。
このような考え方をすれば、あと1年寝かせていれば税率が下がることから、売主にとってみれば行うべき行動になります。こんな専門的な知識も求められるのが不動産売却です。

売却は専門家に頼ろう

普段から不動産に接していなければ、このような情報は入ってきません。売却を検討したときは仲介役として不動産会社に依頼することになり、専門家の力が求められます。また単に売却をするだけではなく、満足できる金額で売ることが目的になりますので、その辺の戦略も求められることになるでしょう。売主の満足度は不動産会社に掛かっていると言えます。

売り方には戦略が求められる

担当者の戦略があってこその満足になります。総合的に見て、税率なども検討して売主にメリットがある売却方法を探すのが、不動産会社の役割です。戦略がない会社はなるたけ避けるようにした方が無難になります。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »