不動産を売却!ちょっと待って!その不動産寝かしませんか?

不動産はできるだけ早めに売却をした方が良いのか?それとも寝かせることも必要なのか? - 不動産売却のタイミング

不動産売却のタイミング

不動産に絶対はありません。売却するタイミングを延ばすことで売却価格を上げることもできますが、本当は今の時点で売っておいた方が良かったことも多々起きるのが不動産売却です。そのタイミングがとても難しいことを自覚しておきましょう。

さまざまな要因で地価は変動する

いろんな要因で地価は変動し、それに影響を受けるのが不動産です。観光客が多くなれば、その地価はいきなり上がり、そして不動産の価値も高まります。また災害が起きた場合は、人気が下降していく傾向にあります。都市計画が浮上するだけでも価値は上がるものです。
将来のことなど誰にわかりませんので、だからこそ不動産売却は難しいです。地価が上がる証拠があれば良いのですが、誰にも絶対を言えることはなく、将来下がってしまう可能性もありますので、売却するタイミングは難しいです。

税金のことも考えたタイミング

また不動産売却をした場合、譲渡税が掛かります。ただ居住用財産としてであれば、特別控除を受けることが可能です。ただし長期税率や短期税率があり、住んでいる期間によって15%も変動します。5年以下と5年以上の差によって税率が明らかに異なりますので、そんなときは寝かせておいた方が良いこともあるでしょう。
このようなことは専門家の意見を知らないと難しいことが多いです。タイミングは不動産売却を検討する素人には難しいですので、専門家の意見を参考にしながら行うようにしましょう。

専門家の意見が必要

だからこそ信頼できる不動産会社が必要になります。ここにこそ不動産売却をするときはどこでも良いわけではないことがわかるでしょう。乏しい担当者と万全を期す担当者の違いが歴然として現れますので、慎重に不動産会社は選んでください。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »